あなたのホームページ・メルマガで広告収入! 【アクセストレード】

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

2009/10Vプレミアリーグ男子<3月6日試合結果>

 2010-03-07




      堺3-1サントリー「25-17」「16-25」「29-27」「25-21」
     東レ3-0FC東京「25-22」「25-22」「25-19」
  豊田合成3-2JT「25-20」「23-25」「21-25」「25-23」「15-13」
パナソニック3-0大分三好「25-23」「25-22」「25-16」








勝敗が同じでセット率で5位の豊田合成と6位JTの一戦。4強に残るためにも負けられない試合はフルセットの末に豊田合成がJTを撃破。豊田合成は大きな勝利であり、JTにとっては痛い敗戦。
両者、ともにミスが多くて、JT⇒33 豊田合成⇒28本とミスの多い試合。ミスの差はあまりありませんが、こういう差が最後に響きますね~。
JTは甲斐をスタメンで起用。その甲斐は調子がいいようにスタッツを見る限り思いますね。もう少し打数を増やしてあげてもよかったんじゃないかな。ゴメスのトスが集中し過ぎてますし。あと甲斐の対角がイマイチだったのも敗因の一つかも。


現在2位の堺が4位のサントリーを撃破。
堺は怪我人が多いながら、きっちり勝ってくるあたり層の厚さを感じます。
堺はスパイクの決定率が50%越えと決定率が高く、どの選手もよく決まったという印象。
サントリーも決して悪かったというわけではないが、堺の攻撃を抑えれなかったというのが敗因だろう。
これで堺は今日、サントリー・豊田合成が負けた時点で4強確定。
サントリーは5位の豊田合成と勝敗が並び、ますます4強争いが熾烈になってきました。









人気ブログランキングへ

にほんブログ村 バレーボール

ブログセンター
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://barebare12.blog123.fc2.com/tb.php/336-3b1f7d45
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。