あなたのホームページ・メルマガで広告収入! 【アクセストレード】

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

2009/10Vプレミアリーグ男子<3月14日試合結果>

 2010-03-15


     東レ3-2豊田合成「22-25」「23-25」「25-20」「25-17」「15-13」
パナソニック3-2サントリー「14-25」「25-21」「29-27」「21-25」「21-19」
      
      JT3-0FC東京「25-16」「25-15」「25-16」
  大分三好3-0堺「25-21」「25-20」「25-20」






この東レ戦に勝てば4強が濃厚になる豊田合成でしたが2セット先取後3セットダウンで逆転負け。
1・2セット目はよく決まっていたレフト対角も3セット目からはやや失速し、キャッチも乱れ頼みのアンジェルコもこの試合はピリッとせず。3・4セットともに落とし、勝負の5セット目も序盤は5-2でリードしてたんだけど。その後追いつかれて13-12の場面でアンジェルコのスパイクミス。これで2点差つき最後はボヨビッチのスパイクが決まり試合終了。豊田合成はサーブであまり崩せず東レの速い攻撃を防げなかったことが敗因でしょうか。

逆に東レは1・2セット目こそ落としたものの3セット目から豊田合成を突き放した。
序盤はボヨビッチの調子が上がらなかったのものの強烈なサーブが入りだしてから調子が上がり、スパイクもかなり決まって、米山・角田のレフト対角も好調な感じでセッターの近藤を助けたと思う。
この試合で豊田合成が負けてJTが勝ったため、勝敗が並び、セット率の差でJTが4位に。


そして4強に残るためもう負けられないサントリーでしたが、フルセットの末、パナソニックに敗れ豊田合成の差を埋めれず、豊田合成が負けただけに勝ちたかったところでしょうが、痛い敗戦に。
サントリーは決して内容は悪くなく、ホントに紙一重だったと思う。栗原のトスワークは素晴らしく、センターを積極的に使い、真ん中を囮にしてサイド使うなどブロックをよく振っていたり、若いセッターなんかはどんどん技術を盗んでほしいですね。
逆にパナソニックは、福澤・清水の両選手が好調で、2セット目ジョンパウロに代わって入った川村がベテランらしい仕事をしていて、小西も途中で枩田に代わって出場していますが小西をスタメンにしてもいい気がしますけどね。枩田もこのところ不調だし。層が厚いパナソニックなわけで・・・控えに山本がいるんですもんね(^^;豪華です。


この日曜日の試合結果により順位が変わり、4位がJT・5位セット率の差で豊田合成・6位1敗差でサントリー。

JTは残りは東レ・堺の2位・3位が対戦相手なので少々厳しいかと、豊田合成とサントリーの対戦相手は同じで、FC東京・大分三好の7位と8位が対戦相手で、豊田合成が2連勝したらサントリーは4強を逃すことになります。
失礼ですが、おそらく下位の2チームなので豊田合成が2連勝してきそうなので、実質豊田合成vsJTという感じになりそうです。










人気ブログランキングへ

にほんブログ村 バレーボール

ブログセンター
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://barebare12.blog123.fc2.com/tb.php/344-b3d847a3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。